そらまめ文庫


そらまめ文庫


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2010.02.02 Tuesday | - | -
お引っ越し
JUGEMの広告が出るのがうっとうしいので、ロリポ経由で別に作りました。デザインをいじる余裕がないので、見たとこちっとも変わりませんが。
今後はこちらでよろしくー。

| - | 2010.02.02 Tuesday | comments(0) | -
一瞬の風になれ
佐藤多佳子さんは「しゃべれどもしゃべれども」から好きなのだけど、これは出た途端にバーッと売れたので、逆に読みそびれてしまい、今ごろになってようやく図書館で借りて読了。おもしろかった! 3巻の終わりのほうは、もう終わってしまうのが惜しくて惜しくて。
主人公もいいけど、脇を固めるキャラクターたちがどれも個性的で魅力的。陸上部顧問の「みっちゃん」こと三輪先生がいいなー。
「武士道」シリーズといい、これといい、最近、スポーツものがおもしろい。
| 元気の出る小説 | 2009.12.15 Tuesday | comments(0) | -
ぼくがラーメンたべてるとき
5年生(息子のクラス)の読み聞かせで読みました。内容が深いので、ゆっくりゆっくり、を心がけて読んだのだけど、それでも5分ちょっとで終わってしまって、もう少し工夫すべきだったかな、と反省。でも、すごくすごく真剣に聞いてくれてた。集中力が全部こっちに向いてるのがわかり、こちらの発した言葉がそのまま吸い込まれていくのがわかる。このクラスで授業するのは気持ちいいだろうな、と思う。
終わってから、子どもたちの一言感想メモをもらいました。初めてだったのでうれしかった!
| 読み聞かせメモ | 2009.12.15 Tuesday | comments(0) | -
ぼくのメジャースプーン
ネット読書友だち(?)のAYUさんおすすめの本。たまたま本屋で平積みになっていたのを発見したので、パラパラめくって即購入。
ううう、すごくよかった。好きだ、これ。
子どもが主人公の話って、語り口によっては全然入り込めないんだけど、この作者はキャラクターの描写や語り口がすごく上手。特に主人公の「ぼく」にとって大切な存在である「ふみちゃん」がいい。たぶん、宮部みゆきの「少年もの」(「魔術はささやく」とか)が好きな人は、これも好きじゃないかなあ。

ちなみにこれ、ミステリーだと思って読み始めたら、いわゆるミステリーじゃなかった。確かに事件は起こるんだけど、その解決が目的のストーリーじゃないところがいいんだと思う。

| よみもの | 2009.10.20 Tuesday | comments(0) | -
武士道シックスティーン
 ずいぶん前に本屋で見かけて、おもしろそうだなーと思ったきり、忘れていた本。ふっと思い出して図書館で借りてみた。

手っ取り早く言えば、剣道に打ち込む女子高校生二人を中心にしたスポーツもの。剣道家の父を持ち、幼いころから剣道一筋の磯山香織と、日本舞踊から剣道に転身した西荻早苗。この二人が物語の軸で、それぞれが交互に一人称で語るスタイルで話が進行していく。

おもしろい!
なんでもっと早く読まなかったんだろう〜〜〜。
私は剣道なんてちっともわからないんだけど、それでも違和感を感じずに読める。

ということで、現在、「武士道セブンティーン」まで読了。エイティーンも出てるんだけど、まだ図書館に入ってないんだよねええ。ううう。早く読みたいよお。
| 元気の出る小説 | 2009.09.09 Wednesday | comments(2) | -
ちはやふる
フェリシモの「bookport」という小冊子で紹介されてて、「へー、おもしろそう」と思っていたマンガ。たまたまレンタルショップに行ったら「うさぎドロップ」の近くの棚にあったので、これも借りてみた。

競技かるた(百人一首ね)に打ち込む小学生、千早、新、太一の3人の出会いと成長を描いた物語。

おもしろーーーい。
もともと百人一首は好きだったんだけど、そうでなくてもおもしろいと思う。絵柄はいかにも少女漫画なのだけど、内容はなかなか本格的。まだ2巻までしか読めていないのだけど、小学校を卒業して新が福井に帰っちゃうあたりはかなり泣けます。
(メガネ男子の新くんが好き〜〜)
そして、2巻の途中から高校生編が始まったら、ボーイッシュだった千早が美人になっていて驚く(笑)。

今後の展開が楽しみだ。わくわく。
| マンガ | 2009.06.10 Wednesday | comments(0) | -
うさぎドロップ
祖父の隠し子、6歳のりんを預かることになった30男の大吉。りんと大吉、二人の暮らしを描いたストーリー。

ネットでお友だちのellieちゃんがおすすめしてたので、レンタルショップで借りてみた。絵が好みじゃないなーと思って読み始めたのだけど、読んでみたらおもしろくて、5巻まで一気読み。
子育てのディテールが細かく描かれているわけじゃないので、子育てマンガとは違う。親ばか的視点もありつつ、大吉の社会人としての視点も入っているのがおもしろい。

4巻までが幼児〜小学生編。5巻からはりんちゃんが一気に高校生になっちゃうのだけど、それはそれでおもしろいです。個人的には、大吉と二谷さん(りんの幼なじみであるコウキのお母さん)の仲がどうなるのかが気になる。
| マンガ | 2009.06.10 Wednesday | comments(0) | -

PROFILE


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:S Vol.2
Re:S Vol.2 (JUGEMレビュー »)
パークエディティング
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
BOOKMARKS
KIDS' BOOKS BLOGGERS